オーストラリア・シドニー最大の日本古書籍買取・販売店

オーストラリア・シドニー最大の日本古書籍買取・販売店
「本は心のご飯です。」 Books are the food of our soul!

Friday, November 07, 2014

あなたの心においし~いごはん♪今おすすめの12冊(^^)

みなさんこんにちは~~~!

本読んでますか~???
(↑アントニオ猪木調♪)

昨日からずーっとこの記事アップしたくって、
ようやくアップできました(^^♪へへ。

とっても面白そうな小説がどっさり入荷しました!


その中から12冊をチョイス☆

若い男に貢ぎ、1億円横領をしてしまう主婦、、、
映画化もドラマ化もされた話題作『紙の月』。
表紙のほんわかさとウラハラな内容に衝撃!

あと、こちらも映画化の
『くちびるに歌を』など入ってきました~(^^)

青春小説の新たなるスタンダードが文庫化! 
長崎県五島列島のある中学合唱部が物語の舞台。合唱部顧問の音楽教師・松山先生は、産休に入るため、中学時代の同級生で東京の音大に進んだ柏木に、1年間の期限付きで合唱部の指導を依頼する。
それまでは、女子合唱部員しかいなかったが、美人の柏木先生に魅せられ、男子生徒が多数入部。ほどなくして練習にまじめに打ち込まない男子部員と女子部員の対立が激化する。

いやーどれも面白そう!!!

スタッフTの大好きな「キネマの神様」も入ってきました~♪
私、小説はリピート読書しないほうなんですが、
こればっかりは、あぁ~もう一回読みたいと思えるもののひとつ!


39歳独身の歩は突然会社を辞めるが、折しも趣味は映画とギャンブルという父が倒れ、多額の借金が発覚した。ある日、父が雑誌「映友」に歩の文章を投稿したのをきっかけに歩は編集部に採用され、ひょんなことから父の映画ブログをスタートさせることに。“映画の神様”が壊れかけた家族を救う、奇跡の物語。

個人的に気になるこちら!『かすていら』
(さだまさし・著 / 2013年)


さだまさしの初の実名自叙伝小説なんです!
もちろん舞台は長崎で、方言もそのままに出てきますので、
特に九州出身者にはほろり、、、たまらないです~(涙)
でも心がほっこりとあたたかくなる作品♪
長崎かすてぃらも食べたくなります!(笑)

そしてこちらも気になる~!
初入荷!京極さんの『幽談』


怖いものとは何だろう。本当に怖いものを知るため、とある屋敷を訪れた男は、通された座敷で思案する。完全な暗闇の世界、思いもよらない異形のモノ、殺意を持った猛獣や殺人鬼、己が死ぬこと、幽霊―。不安でも嫌悪でも驚きでも不思議でもなく、純粋な怖いものを。恐怖に似たものではない、真実の“こわいもの”を知るという屋敷の老人が、男にさし示したものとは。「こわいもの」を含む、妖しく美しい、幽き8つの物語を収録。

やっぱり旬の作品を眺めるのはいいですね~。
どれもこれも読みたくてたまらなくなります!

えーっと、、、これはオマケ♪

先日マンガ喫茶FOBラウンジで「アンアン」を読んでいたら 、
この広告に眼が釘付け、、、


色んなランキング等でちょこちょこ登場している
川村元気さんの「億男」!

宝くじで3億円を当てた図書館司書の一男。浮かれる間もなく不安に襲われた一男は、「お金と幸せの答え」を求めて大富豪となった親友・九十九のもとを15年ぶりに訪ねる。だがその直後、九十九が失踪した―。ソクラテス、ドストエフスキー、アダム・スミス、チャップリン、福沢諭吉、ジョン・ロックフェラー、ドナルド・トランプ、ビル・ゲイツ…数々の偉人たちの“金言”をくぐり抜け、一男の30日間にわたるお金の冒険が始まる。人間にとってお金とは何か?「億男」になった一男にとっての幸せとは何か?九十九が抱える秘密と「お金と幸せの答え」とは?

面白そうでしょ???

でもこれは、まだほんだらけには入荷しておりませんので、
もしお持ちの方がおられたら是非お売りください~♪
今なら高価買取いたしますよ~~~(^^)
初入荷お待ちしてますっっ!!

それでは今日も、心にご飯忘れずに
すてきな1日を~♪

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


No comments:

Music Healer KOKO's Albums are available at Hondarake Full Of Books!